あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
 (^ρ^)ノ 轢いた相手を1km引きずるごとに1ポイント入る紳士のゲーム始まるよ〜
血みどろムーヴィ / kuresaka

『STUCK』(2007)


 (^ρ^)ノ スチュアート・ゴードンの新作きたお。
 最近流行りなのか知らんが例の「実話に基づく」話らしい、交通事故テーマのサスペンスですな。

 老人ホームで勤務する看護アシスタントのブランディに待望していた昇進の話が舞い込んできた。
 その報せを受けてテンション上がり気味のブランディは深夜のクラブ帰りで飲酒どころか色々とガン決まりの状態で、あまつさえケータイ使いながら注意散漫で運転していたところ、アパートを追い出されたばかりの新米ホームレスをカートごと撥ねてしまう。
 しかし前述した昇進の問題などもあり、ブランディはまだ息のあるホームレスを病院に連れていくことはせずに、文字通りフロントウィンドウに上体が突き刺さった(stuck)状態のまま自宅ガレージに閉じ込めてしまうのだった。
 これが車輌に引っかけて引き摺っていれば大阪民国(だいはんみんこく)で流行の、路面に1kmペインティングするごとに1ポイントずつ加算される紳士のゲームというタイムリーなネタになるところだったがね。
 ともあれ、なんとか生きて逃れようとするホームレスと、事故を隠蔽したいブランディ。彼らの命懸けの駆け引きが始まった……ってな具合。



 (^ρ^)ノ …………。


 いや、ま、普通におもしろいんだけど。
 S・ゴードン監督のフィルモグラフィ的には実はこの前に『EDMOND』(2005)という作品があったらしいのだが実は未見なので、もうひとつ前の変梃ノワール『キング・オブ・バイオレンス』(2003)やら十八番のラヴクラフト原作『DAGON』(2001)はたまた『マスターズ・オブ・ホラー』シリーズの『魔女の棲む館』(2004)『黒猫』(2007)辺りについて言及するとしてもパワフルな演出に衰えは微塵も見られなかったし、そのテンションは本作でももちろん遺憾なく発揮されているのだ。

 ウィンドウにめり込んだままのホームレスが腹部に突き刺さったワイパーを引き抜くシークエンスなんかはリアルな痛みが伝わってくる迫力に思わず目を背けてしまったり。
 ただ開始早々に痴呆老人の失禁した粘便をくっきり映してみせるという悪意たっぷりの演出メソッドはどうかと思ったがねwwww
 しかし、敢えて「人が嫌がることを見せる」というか、取り澄ました常識人づらで振る舞おうとする連中に、現実の酷薄さを突きつける創作姿勢が大好きだわ。

 そういや過日、某定例会にて「人が嫌がることを描くのが“ノワール”なんだよっ!」という暮逆の持論を開陳したら「ちょwwwそれは違うだろwwwww」と一笑に付されてしまったのだが、いやいやいや……ある種の真理が含蓄された、なかなか味わい深い言辞だという信念は今でも揺るがないね。

 ともあれ、ストーリー展開のテンポも良いので1時間半充分に楽しめるが「別にわざわざスチュアート・ゴードンが撮る必要なくね?」というモティーフなのが、ちょっと気になるね。やっぱ怪奇ムード濃厚な設定のうちに、小気味良いヴァイオレンス演出を見せてくれるところが面白いと思うのでね。


 (^ρ^)ノ いいからゴードン監督は早くラヴクラフト原作の『戸口にあらわれたもの』を映画化する作業に戻れお。

| - | - | -
pagetop
<<  (^ρ^)ノ『東京残酷警察』DVDでるよ〜 | main | (^ρ^)ノ めりくりwwwww >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--