あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(^ρ^)ノ ハプニングバー(笑)
血みどろムーヴィ / kuresaka
ハプニング (特別編) [DVD]
『ハプニング』
(HAPPENING 2008)



 (^ρ^)ノ M・ナイト・シャマラン監督の新作ですな。

 ところで前作『レディ・イン・ザ・ウォーター』は、もしもあれが『いわゆる「壮大なスケールで描く異世界ファンタシー冒険譚」に対する、シニカルな視点からの意識的なアンチテーゼ』という意図の元に製作されたのでないのならばアタマおかしいいろいろと大変な出来映えだったわけだが。
 そのうえ劇中でキーパーソンとなる、かなり重要な役どころを監督自らが、あの浅黒く濃いツラで臆面もなく演じており、これには堪らず「なにやってんだよwww 他の役者に振れよwwwww」と映画を観た全員がツッこんだことと思われるが、さて本作は如何に。


 (^ρ^)ノ 普通におもろいのれすwwwwwww

 一応ストーリーは、と申しますと。
 米国で突然、人々が自殺し始めた。当初は神経ガスなどのバイオテロ攻撃かと推察されたが、どうやら違うらしい。なんかワケワカランがとにかく逃げろ。逃げろったら逃げろ。そんな教師である主人公と、目下ちょっと関係が気まずくなってるどっかの夫婦みたいな奥さんとが、迫り来る不可視の恐怖から必死こいて逃げ惑うさまを例の淡々としたタッチで描くというもの。
 シャマランくん(知り合いかよwww)の諸作は前作を除けば、どれもわりと好きで、これまでは『ヴィレッジ』がベストだったのだが。これから何度か観てみないと解らないが、もしかしたら本作はそれを超えるフェイヴァリットになるやも知れんね。
 なにやら独特な画面の空気感やテンポは健在。しかも今回はキャリア初の〈R指定〉作品ということで自殺シーンや屍体が頻出し、全編なんとも落ち着かないグルーミィなアトモスフィアが充ち満ちたまま、ちょっと奇妙な1時間半を体験することになるのである。

 テーマの関係上、実に様々な自死のパターンが披露されるわけだが、動物園のライオンに自ら食われにいくとか、巨大な芝刈り機の進路に自ら寝そべるとか、なかなかマジキチなシークエンスが頻出してて実にメシウマwwwwww
 そして最も恐ろしい存在が〈怪現象〉とは無関係な、孤独に暮らしている統合失調症っぽいマジキチ老婆というのも後味悪すぎてメシウマwwwwwww

 ちなみに映像特典として収録されている〈削除されたシーン〉として、黒人のガキが至近距離からライフルで脳天吹っ飛ばされるメシウマショットがあるんだが、シャマランくん曰く「物語の展開に差し障りがあるほどのショックを観客に与える(大意)」ために本編からはカットしたとか。


 (^ρ^)ノ それ本編に入れてくれてたらシャマランくんのこと、もっと大好きになれたのになwwwww
| - | - | -
pagetop
<< (^ρ^)ノ ゴミクズどもの死刑執行でメシウマwwwww | main | (^ρ^)ノ ゴスロリ姫の新曲きたー >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--