あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(^ρ^)ノ 「2008年頃によく聞いてたよね、こういうCDとか」続きwwwww
血みどろロックンロール / kuresaka
 (^ρ^)ノ とにかくメシウマwwwwwww

 久々にすき焼きでも食おうかと思ったら春菊高すぎワロタwwwwwww
 ステーキに添えるつもりだったインゲンとかも高騰しててワロタwwwwwww
 煮干しと昆布で出汁とって八丁味噌で作ったナメコと豆腐の味噌汁うますぎワロタwwwwwww

 最近、カテゴリー〈血みどろクッキング〉を全然更新してないけど、相変わらず料理自体は毎日のようにやってますよ。ただ、調理した物を撮影する機材がなくてねぇ。ま、いずれ調達したら、またやりますわ。
 つか、とりあえず前回の続きねwwwww


切り札はジョーカー
『切り札はジョーカー』非常のライセンス

 たしか、なにかを検索してたついでに、たまたま眼にして〈クライムビリーバンド〉なる謳い文句に惹かれて聴いてみたら、ウッドベースの響きが好ましい予想通りの音で喜ばしかったね。
 マイナーコードのいかにもな曲調や裏声多用のヒーカップ唱法、艶のあるヴォーカル辺りがかなりツボで、ちょっと不遇のパンカビリーバンドTHE STRUTのデヴュー直後頃の音をダークかつスリリングにした感じがしないでもない。ヴォーカルスタイルは違うけど、音的にはREVEREND HORTON HEATなんかを彷彿させるね。



狂犬少年
『狂犬少年』GYMNOPEDIA

 1999年頃から〈ジムノペディア〉名義での活動を再開させていた孤高のロックンローラー伊藤秀孝だったが、2004年に再び突然の活動休止。その時点で最後のアルバムとなったこのCDは当時市場にほとんど流通しなかったらしいのだが、なぜだか近年になってAmazonでも取り扱われていたようで即刻入手。
 たぶん、これまでのキャリアで一度もメジャーレーベルから自作品をリリースしていない(一時期、相川七瀬嬢のサポートギタリストだったようだが)と思うのだが、それゆえにか、どの作品も軸がぶれていない。切れ味の鋭いエッジが利いていながら、それでいて切なく、ときに甘くすらある極上のロックンロールチューンは本CDでも健在だった。



RAP BEAT
『RAP BEAT』らっぷびと

 たしかニコニコ動画でラノベ原作アニメ『涼宮ハルヒの憂鬱』関連の音源とかオーケンの『人として軸がぶれている』のインストトラックに勝手にオリジナルのリリック(笑)を乗せてラップ(笑)してて一部で話題になってた変わり種のラッパー(笑)。
 そのハルヒ関連の音源とかなかなか格好良かったんでCDに焼いて、そこそこ愛聴してたんだけど「ニコ厨がデビューとか調子こいてんのかwww 世も末だなwwwww」と華麗にスルーしていた。
 しかるに前述の『人として軸がぶれている』が権利関係をクリアにして(ニコ動では削除されたwww)収録されているらしいんで調達してみたらオリジナル楽曲も満更悪くなかったという次第。ちなみに前回取り上げたオーケンの『かくれんぼか 鬼ごっこよ』に『空想ルンバ』の〈らっぷびと〉ヴァージョンが収録されてたっけ。
 ところで音楽創作に携わるアーティストのうちでも、殊更にラッパー(笑)と呼ばれる人種って、まず肥大化した自意識とか自己顕示欲ありきだと思うんだが、こういう覆面アーティストっぽい売られ方については本人的にどうなんだろうね。
 つかハルヒ関連の音源を権利クリアにして正式リリースしてくれよマジでwwwww mp3音源しか持ってねぇよwwwwwww


『冒険でしょでしょ? Rap ver.(TV size)』

 サビでの強引なメロの被せ方とか力技パねぇwwwww


『らっぷびと - God Knows...』

 これ正規の音源でだしてくれよwwwww


『らっぷびと - When They Cry』

 オフィシャルのPVもあったけど画がつまんないんで、こっち貼ってやったわwwwww




『Complicated Mind』DOOM

 日本が誇る伝説のスラッシュメタル(?)スリーピースバンドですな。
 これまで存在は気になってたのに「白塗りメイクとか、なんか色モノっぽくね?」とかいう、なにやら根拠の脆弱な印象評価で聴いたことなかったんだけど。リマスタリング盤が再発されてたんで、ごそっとまとめて購入してきた次第。
 この先鋭的な音がきっちり評価されるには少なくとも5年ぐらい登場が早かったんじゃなかろうか。実に20年経った今聴いても格好いい音で特にベースがパねぇwwwww
 入手したメジャーリリースのアルバム4枚を順繰りに聴いてたけど、これか次の『Incompetent...』が好きかな。



Rockers
『Rockers』THE LORDS OF THE NEW CHURCH

 暮逆が偏愛するB級パンクロックンロールバンドですな。
 これは活動期間中に残した3枚のアルバムからセレクトした10曲を〈REDUX〉と銘打ち、中心メンバーのブライアン・ジェイムス監修の元にオリジナルの24トラックレコーディングのテープから文字通り〈Re-mix=再ミックス〉し直したアイテムのようですわ。妙にエフェクトかけてイジってた音を、より生音つかレコーディング時の野太いサウンドに戻した感じ。
 ミキシング効果によって、リヴァーブ多めで線の細いニューウェーヴつかポジパンっぽかったり、ソリッドにされてグラムメタルつかLAメタルの走りっぽい印象があったりしてた音群の素性は、実は限りなくロックンロールだったんだというバンド本来のテイストを提示してみせた意味でも興味深いアイテムだし、単純にファンとしては新しい気分で聴ける音が嬉しいねぇ。
 しかし、ここで数ある代表曲のうちの幾つかが意識的に外されているような気がするのは……第2弾もありってことかな。愉しみに待ってますぜwwwwwww

 ともあれ、こういう商法がイケるんだったら(権利関係に問題がありすぎるだろうが)THE SEX PISTOLSのアルバムをリック・ルービンやボブ・ロックやテリー・デイト辺りが監修してアンディー・ウォレスが再ミックスしたやつとか阿呆ほど売れそうだけどなwwwww 



The Chemical Brothers Remixes
『The Chemical Brothers Remixes』

 そこそこ個別で買い揃えてたリミックスワークを一挙に纏めてくれたのはマジありがたいっすよ。



Born into This
『Born Into This』THE CULT

 また久しぶりにリック・ルービンにプロデュース依頼して『Electric』の奇跡を再び起こすべき。



オール・ホープ・イズ・ゴーン~スペシャル・エディション~(DVD付き)
『All Hope Is Gone』SLIPKNOT

 このアルバムつかSLIPKNOT自体、初めて聴いたのが去年だったんで各アルバムそれなりに満遍なく聴いてたわ。



ベスト・オブ・サイコティック・イヤーズ
『Young, Dumb & Snotty』MAD SIN

 過日、某氏から教えてもらったジャーマン サイコビリーの重鎮。
 それで「じゃあ、まずはどれ聴いたらいい?」って訊いたら「とにかく、どれでもいいから1枚聴いてみ? 全部一緒なんだよwww そんで気に入ったら買い揃えてけばいいよ」とか無茶なこと宣ってたんだけど、マジでその通りワロタwwwww
 ってなわけで、廃盤じゃないものはそれなりに買い集めて聴いてたんだけど。一聴したらハードコアでも曲想の基盤にキャッチーな〈ポップ感〉があるのが、なんだかMISFITSっぽいスタンスで好ましいわー。
 とりあえず1988〜1993年のアルバムから選出された初期ベストを挙げとくかね。


『Mad Sin video』

 これなんて、ほんの1分ちょいしかないのにMAD SINの音の魅力を一瞬で解らせてるwww ちなみに曲はアルバム『Dead Moon`s Calling』収録の『Rebels Undisguised』ですな。


『Mad Sin - Dead Moon』

 うわっ、こりゃ「いかにも!」って感じのサイコビリー! だけどキャッチーなポイントをきっちり押さえてるよなぁ。


 (^ρ^)ノ ホントはもっとMAD SINの動画を貼ってたんだけど。
 昨晩このテキスト書いてて、さっき確認のためにブログの仕様から見直してみたら、すでに削除されてる曲がいくつもあったワロタwwwwwww
| - | - | -
pagetop
<< (^ρ^)ノ 〈血みどろロックンロール大賞〉とかwwwww | main | (;^ω^)あえて云おう〈マジキチ〉……と。 >>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--