あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(^ρ^)ノ ですれぇす始まるのれすwww
血みどろムーヴィ / kuresaka
デス・レース [DVD]
『デス・レース』
(DEATH RACE 2008)



 (^ρ^)ノ カルト的人気(?)のB級ムーヴィ『デスレース2000』のリメイクつかリ=イマジネーション(笑)ですな。

 監督のポール・W・S・アンダーソンは『モータル・コンバット』『バイオハザード』『エイリアンVS. プレデター』などゲーム原作のイロモノ系作品を手がけつつ『イベント・ホライゾン』だとかストレンジなSFホラーを撮ったりしてて、とにかく映像的に綺麗なんで暮逆は結構好きな監督ですな。なんというかプチ“ラッセル・マルケイ”というか。

 主演は肉弾アクションが好ましかった『トランスポーター』シリーズのイカした荒くれハゲ野郎ジェイソン・ステイサム。その他の出演作のうち『セルラー』『コラテラル』『ザ・ワン』辺りは視聴しているはずなのに、ちょっと記憶にないや。今度観るときは注意しときますね。
 そういや一時期人気だったアクション派のヴィン・ディーゼルって最近なにやってんすかね。

 ともあれ暮逆の手許にあるDVDは〈UNRATED〉ヴァージョンと劇場公開版が併せて収録されており、それによるとトータルのランニングタイムは〈UNRATED〉が111min. で〈RATED〉は105min.とのこと。どうやら日本で劇場公開されたものは105分だったようなのでRレイテッド版と思しい。
 すでに劇場でご覧になった人もまたDVDで観てみるとハードな描写の追加で印象が異なるかも知れんね。


 2012年……経済が破綻したアメリカでは派遣失業者の増加に伴って犯罪率も爆発的に、つかエクスプロージョンでガンガン☆ズンズン☆グイグイ上昇(懐かしいな、これw)。
 ついに収容キャパシティを越え、刑務所運営を民間に委託することになっていた。そして、そこでは凶悪犯らをドライヴァーとした改造レースマシンによる、命を賭して競わせる〈デス・レース〉の中継がリアリティ番組として庶民に多大な人気を博し、大きな利益をあげていたのだった。
 さて、元プロレーサーだがライセンスを剥奪され、今は派遣低賃金の日雇い肉体労働者に凋落している主人公だったが、生まれたばかりの娘と嫁のいる家庭にささやかな幸せを感じていた。
 ところが。
 ある夜、突然闖入してきた覆面の暴漢に細君が殺されてしまい、あまつさえ主人公は妻殺害の濡れ衣を着せられる羽目に。
 そんな痛ましい冤罪でムショに送り込まれた失意の主人公に、遣り手っぽい女所長がある提案を持ちかけてきた。
 実は〈デス・レース〉の人気レーサーである、鉄仮面〈フランケンシュタイン〉が前回のレースで宿敵〈マシンガン ジョー〉に破れて死亡しており、つまり「おまえ〈フランケンシュタイン〉の中の人に成り済ましてレースで勝ったら釈放してやんよ」とのオファーだ。というか里子にだされた幼い娘のことをチラつかせて半ば脅迫だし。
 とまあ、この時点でぱしへろ知能障害者でもない限り、もう諸々の陰謀は明らかなわけで、要はそういう部分のストーリー的な機微はいいから、とにかく格好いいカーアクションを、とくと見やがれという話ですわな。


 (^ρ^)ノ 結論から云えば愉しかったですわ。
 設定やキャラクターなどはいいのにショボいB級作品を、莫大な予算で派手にアレンジするという、こういう意図でのリメイクなら大歓迎ですな。
 単にタイトルだけ拝借した別作品という見方もあるが、それでも同傾向だった『プロムナイト』とは比較にならん……と断じてしまうのはオリジナルへの愛着がないからかしら。

 米大陸を縦断しつつ途中で人を100メートル以上ひきずると撥ねたり轢いたりするとポイントが入るという、倫理観の欠如振りが特徴的だったオリジナルのレース設定とルールは残念ながら変更されている。
 すなわち刑務所内のコースを周回し、所々に設置されているギミックを通過するとマシンガンで攻撃できたり、スモークやオイル散布が使えたりと、いかにも“レースゲーム”的なアレンジが施されたものに。
 監督の弁によれば「閉ざされたレースコースを円形闘技場(コロッセオ)に見立てた剣闘士(グラディエイター)たちの物語」ということらしい。

 もう、この製作姿勢だけでワクテカじゃないか。
 特にカーアクションとか好きじゃない暮逆でも、このレースシーンはヴィデオゲーム感覚の設定と、CGを排したリアル傾向の演出で迫力あって熱くなりましたわ。当該シーンの迫力に関しては断然『スピード・レーサー』を凌駕し、かの傑作『マッドマックス』シリーズに迫っているレヴェル。
 それでも淡々と周回コースばっかじゃ飽きるんだけど、そこはそれ。きっちり考えられてる。刑務所サイドが準備した巨大な装甲トレーラートラックなんかが登場してきて興奮度倍増のメシウマですよ。

 あとオリジナルではロジャー・コーマンに見出されたシルヴェスター・スタローンが演じたライヴァルのゲスなイタ公〈マシンガン ジョー〉が、なんでか黒人になってるワロタwwwww
 しかもナヴィとして美女を隣りに乗せるって設定は原作を踏襲してるんだけど、ゲイなんで男乗せてるワロタwwwww


 ということでリメイク版を観る前に、たしか持ってたはずなのに未見だったオリジナルの『デスレース2000』(1975)を引っ張りだしてきたわけだが。

 (^ρ^)ノ 想像していたより500倍は安っぽくてワロタwwwwwww
| - | - | -
pagetop
<< (^ρ^)ノ 相対性理論 良すぎワロタwwwww | main | (^ρ^)ノ 最近面白かったスレまとめブログwwwww >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--