あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(^ν^)『ダリオ・アルジェント 魔女3部作ブルーレイBOX』について。
血みどろムーヴィ / kuresaka
 (^ν^)過日、待望の『ダリオ・アルジェント 魔女3部作ブルーレイBOX』を入手したわけだが。

 「どうせ特典映像とか、せいぜいトレーラーぐらいだろ」と割り切っていたため、そちら方面の不備は不問とするが、とりあえず懸念だった本編の品質について。

 『サスペリア』は画質・音質ともに良好で文句ないレヴェル。

 『サスペリア・テルザ 最後の魔女』はシャープネスをいじりすぎたときに発生するような、画面がジラジラした感がキツい場面が多々あるが「ま、こんなところだろ」と、それなりに納得できる範疇ではある。


(;^ω^)ただし『インフェルノ』てめーはダメだwwwww


 Anchor Bay盤のDVD(国内盤は、もっと良い画質らしいが暮逆は未所持)に比較すると、かなり良いのだが正直「せっかくのブルーレイ化だし、もっと頑張れたんじゃないかな」というレヴェル。ひどくノイズが目立つ劣悪画質シーンが散見される(現存するフィルム自体に起因するものかも知れないが、すなわち、それらのノイズを軽減するデジタル・リマスタリング的な作業が施されていないということ)のに加えて、なんと音声はモノラルとかwww ねーよwwwww

 元々の映画自体もエンドクレジットに〈ドルビーステレオ〉表記があるし、そもそもDVDの時点で一応は5.1ch化されてたはずだろwwwww


 で、アンカーベイ盤のDVDを引っ張りだして、ちょっと確認してみたんだが。たしかにサラウンド感の希薄な音場設計の仕様ではあるし、キース・エマーソンの音楽にもステレオ感が乏しいんだけど、少なくともダイアローグはセパレートでセンタースピーカーから出力されていた。

 どうやら「『木曜洋画劇場』にてTV放映時の〈日本語吹き替え音声〉を収録」というのが今回の“売り”らしいが、べつに吹き替え音声などには興味ない暮逆にとって、なんのアドヴァンテージにもなり得ないしwww


 ともあれ来年3月末にBlue Undergroundからブルーレイがでるようなので、そちらに期待しておくか。

 ちなみに、こちら(『録画地獄』様)にスクリーンショットを用いた画質比較レヴューがあるので参照してみるのも良いかも知れんね。



(^ν^)ところで、ようやく最近になって暮逆も、ついにUK盤に手を出し始めたわけだが。

 ブルーレイの場合、いわゆるリージョンコードがDVDとは異なり、日本や北米は同じ「A」(すなわち特殊なリージョンフリープレイヤーがなくとも北米盤を観賞可能)、そして英国は「B」となっている。

 さて、遅々としてブルーレイ化が進まないアルジェント作品だが(北米盤にて『歓びの毒牙(きば)』『スタンダール・シンドローム』『マスターズ・オブ・ホラー/悪夢の狂宴』『ジェニファー』など)今後はUK盤にて『サスペリアPART2』『フェノミナ』『シャドー』(さらにはルチオ・フルチの『ビヨンド』もっ……!)などのブルーレイ化が予定されているようだが……リージョンコード的に日本で対応するものか否かが、現時点では不明なのであった。


 というのもUK盤ブルーレイでは、まれにリージョン「A」でも再生可能な仕様のディスクが出回っており、この判別がなかなか悩ましいのだ。

 単にAmazon.co.ukの製品情報を参照すれば判明するというものではなく、現時点では『Blu-ray.com』『Blu-Ray Region Code Info』などで確認しているのだが、リリース前の時点で明確な情報を得るのは難しいようだ。

 また、いささか狡猾な手段ながら、某輸入DVDオンラインショップのサイト内で当該アイテムを検索すると「このブルーレイ・ディスクはイギリス盤ですが、リージョンはALLです」などと記述されているので、それらを判断の一材料とするというのもありか。


 で……上記の方法で多角的に調査したところ、来年1月発売予定のUK盤『サスペリアPART2/DEEP RED』は、どうやらリージョンフリーらしいのだが……さてはて。



(^ν^)ってなわけで、UK盤ブルーレイのリージョン情報の充実に助力できないかと“人柱”的な意味合いで暮逆が実際に購入したディスクの可否も記しておきますかな。


・『ゲーム/THE GAME』……デヴィッド・フィンチャー監督のあれ。再生可能。


・『ゴリラ/RAW DEAL』……シュワルツェネッガーファンには欠かせない、あれ。そこそこの情報を得てオーダーしたのに、届いてたアイテムはリージョン「B」表記があって慄然としながらディスクを入れたところ、幸いにも再生可能でしたわwww


・『エレファント・マン/THE ELEPHANT MAN』……デヴィッド・リンチ監督のあれ。再生可能。しかも日本語字幕つき。


・『ディア・ハンター/THE DEER HUNTER』……マイケル・チミノ監督のあれ。再生可能で日本語字幕つき。ただ、いくつか仕様があるようだが暮逆が購入したのは上記『エレファント・マン』と同様のブックスタイルのやつ。


 他には(すでに情報強者には周知だとは思うが)『ダーティハリー』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のBOXセットなんかも、再生可能な上に日本語字幕つきなんで、クッッッソ高い国内盤を買わされるのに辟易してる向きにはお勧めですなwww



(^ν^)あと国内ではブルーレイがリリースされていない、TVシリーズ『LOST』に関しても〈シーズン1〉は日本語字幕つき。現在オーダーしている〈シーズン2&3〉も同様のようだが、アイテムが届いて確認でき次第、仕様は報告したいと思いますわwwwww


| - | - | -
pagetop
<< (^ν^)フルHDのTVにしようと思う。プラズマっての買っとけばいいんだろ? | main | (^ν^)似非リア充の自殺ストリーミング中継でメシがうまいwwwww >>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--