あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(´-ω-`)順当な続編だが驚きはなし。
血みどろムーヴィ / kuresaka
アンダーワールド2 エボリューション コレクターズ・エディション
アンダーワールド2 エボリューション コレクターズ・エディション

『アンダーワールド2 エヴォリューション』
(UNDERWORLD:EVOLUTION 2006)


(ヽ´ω`)<吸血鬼と人狼の一族が何世紀にも亘って抗争を続けているという設定に、刀を振り回して二挺拳銃や手裏剣が乱舞する、さながら菊地秀行直系の伝奇ヴァイオレンスアクションを彷彿させる世界を映像化したのが新鮮だった前作。

 しかし爾来、俗に云われる「ボンデージ女に二丁拳銃を持たせれば映画になると思っている風潮」が蔓延した結果、似たような作品が幾多も製作されて我が《血みどろ番外地》も正直なところ、そろそろこの手のアクションに食傷気味になっているところに届けられた続編である。
 予告トレーラーを観た限りでは特に目を引くものもなくて全然期待しないで観たからだろうが、なにも新しい驚きはないが安心して観られる正しい続編といったところだった。
 そりゃキャストもスタッフも続投しているうえに製作費も大幅アップ(約22億円→50億円)している訳だし、大きな瑕疵はない。普通に面白い。
 しかし、倍以上の金銭を費やした割りに「内容も前作の倍以上の面白さ!」といかないところが映画の“魔”というべきか。

 強いて挙げればラスボスが背中から生えた蝙蝠の翼手めいたアームで飛行したり、攻撃したりといった映像がなかなか愉しかったぐらいか。
 前作での、自分の足許の床を二丁拳銃で撃ち抜いて階下に飛び降りるといった、思わず拍手喝采してしまうような圧倒的印象のシーンはなかった。
 いや、ラストでヘリが傾斜角90°のまま落下してきたのは結構インパクトあったかな。

 そういや、またこれも“エクステンデッドエディション”とかでるのかね。でたら買っちまうだろうけどさ。
 え? このシリーズ、三部作だって? まあ、また観るけど。
 ('A`)


 北米盤もドゾー( ´∀`)つ●




 ( ヽ゚ω゚)<そして食傷気味な状態にも拘わらず週末は『ウルトラヴァイオレット』を観てみますよ。
| - | - | -
pagetop
<< (ヽ´ω`)オリジナルを忠実にアップグレード。 | main | (ヽ´ω`)<アクションシーンは相変わらずネ申。 >>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--