あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(ヽ´ω`)<アクションシーンは相変わらずネ申。
血みどろムーヴィ / kuresaka


『ウルトラヴァイオレット』
(ULTRAVIOLET 2006)


(ヽ´ω`)<これは結構、期待してたんだが。


 確か前作『リベリオン』を観賞した際に「僅かなアクションシーンのために、凡庸なデストピア系ストーリーにつき合わされちゃ堪らん」と、なかなかの酷評をした気がする。
 しかしながら、後にサティポロジアビートルのほんのちょっぴりの腸の筋ぐらいしかない〈ガン=カタ〉シーンの余りの格好良さにノックアウトされてしまい、ついつい何度も繰り返して観るようになった。
 そうすると陳腐なストーリーや世界設定すらも、むしろアクションに集中させんべく観客の思考に負担をかけないようにするための意図的なものじゃないかとさえ思えてきたのだった。

 で、そのカート・ウィマー監督がミラ・ジョヴォヴィッチ主演で撮りあげた新作で「あの目眩く〈ガン=カタ〉体験よ、もう一度」という訳だ。
 全編を通してヴィヴィッドな色使いにジョヴォヴィッチの小皺を消すためのソフトフォーカスなどを駆使した結果、やけにオモチャっぽいチープな印象の画面になっているので、さながら一世代前のコンシューマーゲームのイヴェントシーンのようでもある。
 が、それは「全世界で発行されている架空のコミックの映画化」という設定を踏まえたうえでの意図的な“キッチュ”感として好意的に了承できる。
 肝腎のアクションシーンだが、いちいち大仰な決め決めカットを提示してくるので、これは観ているこっちが恥ずかしくなってくるぐらい、なんだか身震いするほどに格好いい。そういう構図の“決め”を重視したせいか結果として、やや編集がぎこちないものになっている感はあるが、まあ許容範囲内だろう。
 これらのアクションシーンのために、また何度も観賞してしまうのだろうな。

 しかし、このカート・ウィマー監督は新しく格好良いアクションを開発したいだけであって、映画としての総合的な完成度など本人としてはどうでもいいのではなかろうか。ストーリー展開なんかはベッタベタに定型の“器”だし、俳優の演技的な演出に至っても極めて記号的である。
 だいたい前作『リベリオン』も「感情や芸術を禁止されたコントロール社会で、次第に己の感情を恢復していく主人公」だとか、それはいったいどこの中学生が応募したアニマックス大賞のシナリオだよというような代物だったので、もうアクションシーン以外のことは不問にしよう。
 となると他の監督の作品にアクション監修なんかで参加すれば、いろいろと活躍のチャンスも増えるだろうに、この種のオタク的メンタリティを有した人種は自作に対する過剰な思い入れのために職人的気質で割り切れなくて大概、自分名義の作品以外に才能を提供するのを酷く厭うような気がするのだが、穿ち過ぎな見解だろうか。

 ともかく今後ともトリッキーなアクションシーンをクリエイトする珍妙な監督として息長く生き残っていて欲しいところではある。


『リベリオン 反逆者』ドゾー( ´∀`)つ●

北米盤『ラストリベンジ/怒りの標的』ドゾー( ´∀`)つ●
| - | - | -
pagetop
<< (´-ω-`)順当な続編だが驚きはなし。 | main | (ヽ´ω`)リージョンフリープレーヤー壊れすぎ。 >>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--