あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
プレイヤー(´・ω・`)ぶち殺すぞ
血みどろムーヴィ / kuresaka

『STAY ALIVE』
(2006)


 当初は「ヴィデオゲームでの死が現実の死に!?」という謳い文句のプロットから、対戦型サヴァイヴァルアクションゲームにおけるバトルロワイヤル的なものを予想していたのだが。
 実際に劇中でプレイされるゲームは、武器を手にゴシック風マンション内を探索しつつ、アイテムなどゲットするという地味な『バイオハザード』風のホラーアドヴェンチャーゲームで、しかも“血の伯爵夫人”エリザベート・バートリをモティーフとしたものだった。

 『STAY ALIVE』というヴィデオゲームのβ版をプレイ中に親友が死亡してしまったことから、そのディスクを譲り受けた主人公とその仲間がゲームプレイに参加。
 やがて、ゲーム内でゲームオーヴァになった通りの状況で、現実でも死亡してしまうことが判明。あまつさえ、もうゲームをプレイしていなくても、すでにゲーム自体がプレイを始めてプレイヤーを死に至らしめるという展開に。

 というプロットだけ鵜呑みにすると、すごく面白そうなのだが、実際は今ひとつ着想を活かしきれてないかしら、というところ。現実とゲームのシンクロというアイディアならば、もっと面白くできる余地があるだろうに。
 しかも、最終的には実際にE・バートリの遺体を発見してアイテムの釘を打ち込んで云々という、なんだかJホラーの悪しき影響下にあるような展開になってくるし、ヴィデオ撮りっぽい劣悪画質が散見されるのも、ちと萎える。

 とはいえ、そこそこのゴア描写はあるし、またなんといっても女優陣のクオリティがなかなか高いので、それなりに観てて飽きなかったりするのだった。
 あと、役どころは良いのだが、なんだかMr.ビーンを青年化したような顔のキャストがいて、そのツラが凄くムカつくwwwwwwてめぇwwwwwwwwww


(´・ω・`)<ぶち殺すぞ。
| - | - | -
pagetop
<< きのこカレー(;^ω^)うめぇwww | main | クラムボン(´・ω・`)ぶち殺すぞ >>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--