あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
ゾンビ(´・ω・`)ぶち殺すぞ
血みどろムーヴィ / kuresaka
ハウス・オブ・ザ・デッド2
『ハウス・オブ・ザ・デッド2』
(HOUSE OF THE DEAD 2 2005)


(ヽ´ω`)<ホラープロパーの間でも不当に評価が低い『ハウス・オブ・ザ・デッド』の続編ですな。

 今回はTVムーヴィということだし、端から期待の欠片もしていなかったせいか、意外に愉しめないこともないのだった。ただ、前述したように『バタリアン4』と立て続けに観たために内容を混同していたりする。

 学生寮での悪ふざけをダラダラと描出する冒頭部分に辟易しながらも、ゾンビ疫が拡がるオープニングクレジットが小気味良い。これは編集の手柄で、映像特典を確認してみるとデリーテッドシーンとして、いちいち描出したシーンが収録されていた。完成版オープニングは撮影していたエピソードを適宜カットアップした結果らしい。この判断は大正解で、確かに導入部からつまらないゾンビ化描写がグダグダと続けば更なるトーンダウンは避けられなかっただろう。

 で、離島のレイヴパーティにきていた若者たちが密売銃器を手にしてゾンビに立ち向かうというデタラメ設定が愉しかった前作に比して、今回は訓練を受けた軍人で編成された部隊が中心となっているため、初手から銃器所持しているという設定。
 なにやらゾンビ化の根源となった“第0世代”ゾンビの血清を採取して分析すれば、このゾンビ疫を阻止できるとかなんとかで、その血清はゲームにおけるアイテムとして解釈すればいいわけね。
 それはいいんだけど主人公たち、この血清を取りに行っても弾みで容器を割ってしまい、またぞろ取りに行く羽目になるのだが、せっかく持ち帰ったそれもまた割ってやんの。

 m9っ(^Д^)プギャーーーーーッ

 もうね、阿呆かと。莫迦かと。明らかにプロット水増しして時間稼ぎするためのお使いイヴェントかよ。
 ま、ゲームの映画化にストーリーの機微を期待しても詮ないけど。
 なんというかゾンビメイクも新味がないし、ゾンビを射撃する快感を表現するための弾着エフェクトも平板な出来栄えで、まあダラダラ観る分には適当な作品だったかねぇ。
| - | - | -
pagetop
<< ゾンビ(´・ω・`)ぶち殺すぞ | main | ちょwww( ; ^ω^)これは欲しいwwwwwww >>

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--