あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
黒い絨氈(´・ω・`)ぶち殺すぞ
血みどろムーヴィ / kuresaka
黒い絨氈
『黒い絨氈』
(THE NAKED JUNGLE 1954


 ちょっと毛色が変わったけどチャールトン・ヘストン繋がりということで。
 人喰い蟻マラブンタの大群が襲撃してくるという触れ込みなのでクリーチャーパニックものを期待していたのだが。

 単身南米に渡りカカオ栽培などで成功した農園主チャールトン・へストンの許に新妻が嫁いでくるところから始まるのだが、代理人を通じて結婚した二人は実際に顔を合わせたことがなかった。なんでも新品を好むという『本陣殺人事件』の動機みたいな性癖のヘストンと、実は結婚歴のあった新妻との間に展開する軋轢を主軸にした痴話ドラマが延々と1時間以上も続いて「もしかしてジャンルエラーだったかも」と思わせられる。

 しかし、オールシネマオンラインの解説で「前半は多少ダレるが、中盤以降の展開でそれを帳消しにするぐらいの面白さを生み出している」とあったので、それなりに心待ちにして観ていたのだが。

 いろいろと衝突した挙句に結局、新妻はニューオリンズに送り返されることになったが、送別する道中で人喰い蟻マラブンタの大群が自宅や農園に向かって進撃していることを知って、なんだかんだで一緒に引き返してくるわけ。
 だけど飽くまでも主眼は二人の痴話ドラマにあり。他には、せいぜい原住民の奇習がフィーチュアされるぐらいで、人喰い蟻の襲撃スペクタクルなんて終盤に10数分間ほど添え物程度で描かれるだけ。
 確かにそこそこ面白いが「シンプルなストーリーを得意の特殊撮影で見せ場に次ぐ見せ場として構成」「前半は多少ダレるが、中盤以降の展開でそれを帳消しにするぐらいの面白さを生み出している」は云い過ぎだろ。
 メロドラマとしての評価ならばともかくクリーチャーパニックとしては余りにも焦点と力点がズレ過ぎている。製作年代に鑑みても3年後の1957年には痛快な傑作『黒い蠍』が製作されているわけだし、そもそも『キングコング』だって1933年だ。
 ま、巨大クリーチャーものと小動物群生ものを一緒くたにするな、と云われればそれまでだが。

 ともあれ、きっと解説者は映画原体験の頃にこれを観て、その感動の記憶が自分の中だけで誇大に美化されているのだろうな。人間の脳髄の仕組みによれば多々あることなので別に責めないけど。
| - | - | -
pagetop
<< 電光掲示板GIF動画(´・ω・`)ぶち殺すぞ | main | 悪魔のいけにえ2(´・ω・`)ぶち殺すぞ >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--