あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
キングコングDVD時間差発売商法(´・ω・`)ぶち殺すぞ
血みどろムーヴィ / kuresaka
キング・コング デラックス・エクステンデッド・エディション(3枚組)
『キング・コング』
(KING KONG 2005


(ヽ´ω`)<予告した『ソイレント・グリーン』でもなく、新着の新作でもなく、意表を突いてマニア泣かせの別ヴァージョンDVD時間差発売商法キタコレ。

 13分の未公開シーンを追加して、更に38分の削除シーンを特典映像として収録したという触れ込みで、この手の未公開シーン収録した“ディレクターズカット”商法には毎回ついつい引っ掛かってしまうのが《血みどろ番外地》の愚かしくも愛すべきメンタリティなのだが。
 今回の新ヴァージョンは、これはマジ必見だぜ。

 なんてったってトリケラトプス(?)襲撃や、水棲クリーチャー襲撃シークエンスを追加したクリーチャー大好きな輩には実に嬉しい仕様になっているのだ。
 また本編には組み込まずに“削除されたシーン”として収録されている映像特典も(一部CGI未処理の部分もあるが)ちゃんと演出されていて、カットするには惜しいシーンばかり。だけど、これらを全部入れると4時間になるし、映画全体のテンポの問題もあって泣く泣く切ったんだろうなぁ。

 この更に長くなったヴァージョンで観賞しても3時間22分の時間を感じさせないのは、さすがというべきか。なんというか、普通の監督ならキャメラをフィクスにして長廻しで撮りそうなシーンもカットを割ったうえに、しかも偏執的にキャメラを動かして無闇にダイナミズムを醸成してるんで、ストーリー進行云々以前に単純に「観て」いて眼に嬉しくて退屈しないというか。そもそも肝腎のコング登場まで1時間以上あるのに、本来ならばダレそうな人間ドラマシークエンスも飽きさせないもんなぁ。

 当初の劇場公開版を含め、多分これで通算4回目ぐらいの観賞なのだが、初見で度肝を抜かれた、まさかのクリーチャー天国状態や、派手なCGI効果にも眼が慣れてきた今、ようやくコングの“演技”やヒロインとの心理ドラマに注目できるようになってきた。
 色素と体毛が薄くて金切り声を張りあげる得体の知れないちっちゃい生きものを、迫り来る獰悪なTレックス3匹から命を賭して護ろうとするコングの侠気マジカコイイ。
 オリジナルへの過度の思い入れがあって悲願の企画ということもあるだろうが、人語を解さない巨大生物をここまで情感を伴った表情や行動で魅せられるのは、やっぱピーター・ジャクソンすげぇよ。
| - | - | -
pagetop
<< オメガマン(´・ω・`)ぶち殺すぞ | main | ソイレントグリーン(´・ω・`)ぶち殺すぞ >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--