あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
うるせえヽ(´・ω・)ノディセントぶつけるぞ
血みどろムーヴィ / kuresaka
THE DESCENT
『ディセント』
(THE DESCENT 2005)


 各方面でやたらと評判の良かった『ドキッ!? 女だらけの洞窟探検! 内臓ポロリもあるよ!』というサブタイトルをつけたい英国産パニックホラー。
 結論から申しますと『ホステル』『THE HILLS HAVE EYES』『ハイテンション』『2001人の狂宴』と並んで今年観た暮逆的なホラームーヴィとしてはベスト5に入れたい出来栄えですな。

 1年前に夫と幼い娘を交通事故で亡くしたヒロインを元気づけようと、冒険好きな友人たちが集まって女ばかりの洞窟探検が始まった。しかし不意の崩落事故で閉じこめられてしまったうえに、リーダーのエゴによって実は未だ踏破されてない未知の洞窟を選んでいたという事実を知らされる。そのために救援も期待できず、自力で脱出するしかない。
 閉塞空間で展開する女同士のドロドロとした執着が甚だしく息苦しいだけならまだしも、あまつさえ洞窟の奥底にはホラープロパーの皆さまお待ちかねの例のあれが待ち受けていやがりましたよフヒヒというもの。
 それを実際にここで文字として表記したところで、すわネタバレだなんだと正気を喪失して、ところ構わず喚き散らす統合失調症の疑いがある輩もいるまいとは思うが一応、通例としてネタは伏せておこうか。

 いやはやスプラッターヴァイオレンス色濃厚な中盤以降の展開には堪らず拍手喝采。ホラージャンルにおける金字塔的なサム・ライミ作品『死霊のはらわた/THE EVIL DEAD』を彷彿させる両の親指による眼窩抉り抜きシークエンスなんかもあって溜飲が下がる思いだ。
 そしてラストのオチもまた酷く後味悪くて、これは相当に気まずい。また短いスパンで2回目を観てみたのだが、伏線というのか、後に明かされる事実の前振りがよく利いているのが解る。
 そういえば似たような状況設定だった『地獄の変異/THE CAVE』も決して悪くはなかったのだが、あらゆる着眼点から、どのように判断しても相対的に『ディセント』の評価が高まるなぁ。ま、前者はレイティングが〈PG‐13〉だったのでヴァイオレンス描写が御法度だったという事実を考慮したとしても。

 さて、この作品が紹介される際には判で捺したように「前作『ドッグ・ソルジャー』が好評だったニール・マーシャル監督の新作」という言辞が使用されるが、実は数年前に件の『ドッグ・ソルジャー』を観賞していたときには途中で何度も睡魔に襲撃されて断続的なブツ切りの記憶しかないうえに、確か人狼変身シークエンスが大したものじゃなくて《血みどろ番外地》的にはかなり低い評価をしていた気がするのだが、これは今一度確認してみんといけんかも解らんね。
| - | - | -
pagetop
<< うるせえヽ(´・ω・)ノヒッチコックぶつけるぞ | main | 写メしたら(´・ω・`)ぶち殺すぞ >>

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--