あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
肉鉤っていう(´・ω・`)レヴェルじゃねーぞ
血みどろムーヴィ / kuresaka


『シー・ノー・イーヴル 肉鉤のいけにえ』
(SEE NO EVIL 2006)


(ヽ´ω`)<なにやら猟奇テイストっぽいんで一応確保しといたら、どうやら日本公開されている模様なので急遽、観賞してみまんた。

 スラッシャーホラーの基本的な舞台設定のひとつとして「複数名がある程度の閉塞した空間に閉じ込められる」というものがあると思うが、そういったシチュエーションを作りだすために古今東西、様々な理由が考案されてきた。
 ポピュラーなものでは旅行中に車輌が故障しただの、キャンプ合宿だの、山小屋に泊まり込みだの、洋館での肝試しだの、プロムだの、聖ヴァレンタインデイのシークレットパーティだの、卒業旅行のボートクルーズだの、ベビーシッティングだのと。
 で、本作のそれは、軽犯罪を犯した男女8人のティーンエイジャー達が減刑のための奉仕労働として、かつて火災が起こって放擲されたホテルニューオータニ状態の廃ホテルにて泊まり込みで清掃作業に従事していたところ、そのホテルに殺人鬼が住み着いておりましたよという、少々凝り過ぎた感があるユニークなものになっている。

 肝腎の殺人鬼像だが、ジェイコブ・グッドナイトと呼ばれるこの人物は、禿頭で巨漢で怪力で白痴という極めてステロタイプなもの。
 このキャラクターを人気プロレスラーのKANEなる人物が演じているというのが、どうやらセールスポイントのようなのだが、寡聞にして知らないというか暮逆はそういうスポーツや格闘技方面のリテラシーがないので全く解らない。多少なりとも知識があれば、そういう愉しみ方もできたのかも知れない。

 で、このジェイコブに関して強いて面白い特色を挙げれば、狂信的な母親の虐待によるトラウマで、犠牲者の眼球を抉りだしてコレクトするという性癖。ちなみにタイトルの由来になっている。
 後は出現するときには周囲に蝿の群れが飛来するのだが、なぜかというと頭部にある傷に常時、蛆が巣くっていたためという点。
 邦サブタイトルにもなっているチェーンつきのミートフックを得物として鎖鎌のように操って犠牲者を襲うシークエンスはなかなかのインパクトなのだが、他にはセルラーフォンを咽喉に詰め込んだりといった、いささかショッパイ殺害方法などもあって失笑もの。

 ミュージックヴィデオ出身の監督による映像は、美術セットの恩恵もあってか、舞台となる廃ホテル内の穢らわしさが巧く表現されているし、ゴアシークエンスにもそれなりに創意工夫を凝らそうとした意欲は買う。
 しかし、ここ数年来の上質なホラームーヴィが連発する恵まれた観賞環境では、ずば抜けたインパクトを齎すのはなかなか困難だろう。2年ぐらい前に観賞していれば、もっと高い評価ができたのだが。

 とはいえ、まあ日本で劇場公開されるティーンスラッシャーホラーとしては、なかなか上等な部類に属する出来栄えといったところか。




( ^ω^) ……
( ⊃⊂ )


⊂(^ω^)⊃ セフセフ!
  ミ⊃⊂彡
| - | - | -
pagetop
<< サーロインステーキ(;^ω^)うめぇwww | main | 皿うどん(;^ω^)うめぇwww >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--