あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
ウーン(;^ω^)…………⊂(;^ω^)⊃セフセフ!
血みどろムーヴィ / kuresaka

『THE HILLS HAVE EYES 2』
(2007)


 (ヽ´ω`)ネ申クオリティだった『THE HILLS HAVE EYES』リメイク版にようやく本邦公開の動きが見られたなと思っているうちに素早く続編が届きまんた。
 監督も交代してるし、実はまったく期待していなかった。いや、むしろ全然駄目だろうと思っていたわけだが、まあ意外にもそこそこは愉しめる仕上がりでーしーたーよーと。

 前作で相当数いた気がする食人ミュータント一家もなんとなく全滅したかと思いきや。
 あれから2年後……事件の現場に程近い、軍の秘密実験施設・第16地区にて新兵のトレーニングっぽいことが行われていた。
 一方、例の奇形食人鬼ファミリーはまだ生きていたというか、親玉らしいパパミュータントが若い女性を攫ってきては孕ませ、赤児を産み落としたら母体はもちろん殺害して食糧にするという、文字通りの“産む機械”やり過ぎワロタ暗黒ヴァージョンを実践しているという体たらくで柳沢厚労相歓喜wwwwwwww暮逆日本語崩壊wwwwwwww
 訓練生の中には当然のように二人ばかり女性隊員が紛れているので、彼女らが狙われつつ、屈強な兵士たちも一人ずつマンハントされていくという、ありがちだけどもグロ&ゴア演出の利いたなかなか悪くない作品になっている模様。

 ただそのセンスの方向として、簡易トイレというのか、工事現場なんかに設営されているあれに絡んだ尾籠なネタがちょっとトロマっぽいスカトロジーテイストで辟易した。これでも暮逆は出自が高貴なんで、トロマ系の品性下劣ネタ……殊に排泄物関係は生理的に受けつけないのだ。
 また訓練生らのコスチュームと、岩山や洞窟を舞台とした組み合わせによるシーンの連続から、なんとなくBUGSの代わりに食人ミュータント、福本伸行チックに述べれば食人ミュータンツが襲撃してくる『スターシップトゥルーパーズ』といった趣を感じたり感じなかったり。


 そういやオリジナルの『サランドラ』もソニー・ビーンズ事件辺りをモティーフにしているのだろうが、リメイク版は更に、やはり同事件に着想を得たジャック・ケッチャム『オフシーズン』の残虐/凶悪性を加味した感があったものだ。
 すなわち前作のリメイク版を以てして『オフシーズン』映像化のプロトタイプ的なものと見做してもいいんじゃなかろうかと、なにやら牽強付会な論調になってきたので我ながら何事かと思ったら『オフシーズン』の続編『Offspring』の邦訳マダー?
(・∀・)っ/凵⌒☆チンチン

 と書こうとして調べたところ、既に『襲撃者の夜』として訳出されていたのに気づいたことと無理矢理関連させようとしたらしい。

(ヽ´ω`)というわけで夏休みの読書感想文がまだ書き上がっていないチビッ子たち、題材としてジャック・ケッチャムはいかがかな。
 特に読後2週間(個人差あり)は鬱確定の『隣の家の少女』が強力に倍プッシュというか、むしろ5倍のお勧めwwwwwwww 思春期に読んでおいたら、まずロクなオトナにはなれないことが保証できる素敵ノヴェルだよwwwwwwwwwww


 そういや『隣の家の少女』が映画化とかタチの悪い冗談だろと思ってたらオフィシャルサイトできてた。
 なんとなく『スタンド・バイ・ミー』的な少年期の追懐メインの甘酸っぱい青春譚になりそうだが、後半の吐き気がするほど陰惨にして凄絶な暴力性を真正面から描ききらないと確実に中途半端な映画になるね。
| - | - | -
pagetop
<< さすがに(^ω^;)これはないわwwwwwww | main | ( ^ω^)くやしいのうwwwwwwくやしいのうwwwwww >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--