あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
スパルタ人(;^ω^)強杉ワロタwwwwwww
血みどろムーヴィ / kuresaka
300 <スリーハンドレッド> 特別版(2枚組)

『300 <スリーハンドレッド>』
(300 2007)



(ヽ´ω`)こういう史劇ものは《血みどろ番外地》的にはジャンルエラーか? と思いつつも監督がリメイク版『ゾンビ』こと『ドーン・オブ・ザ・デッド』のザック・スナイダーだったんで一応チェックしてみたらば。

(;^ω^)なんというヴァイオレントな映像体験wwwwwww間違いなく5倍のお勧めwwwwwwwww

 ストーリーは要するに古代ギリシアで幅を利かせてたペルシア帝国が紀元前480年、軍事都市国家スパルタに対して「しゃぶれよwwwwwそんでケツも貸せよwwwwwww」と服従を要求。しかるに自身も勇猛な戦士である国王レオニダスは「硬派スパルタなめんなwwwwwこのファッキンおかま野郎wwwwwww」とばかりに使者の一行を斬殺。結果として僅か300人の精鋭部隊のみで100万からなるペルシア大軍を迎え撃つ羽目となり海岸線沿いの狭隘な山道〈ホットゲート〉にてガチバトルが展開するのだったってことで、まあ間違ってないと思う。

(;^ω^)本当かよwwwwwww

 原作がフランク・ミラーのグラフィックノヴェルということで、画面上で見せていることをいちいち補足説明するナレーションが少々鬱陶しい導入部に不安を覚えるが、一転して後半、戦闘の拠点となる〈ホットゲート〉に駐屯してからは、もう血湧き肉躍るバトルに残虐ファイトの連続でアドレナリンが噴出しまくる。
 生首/腕/足などの人体パーツが素っ飛んで、サイや巨象といったクリーチャーやモンスターチックな異形の巨漢が暴れ回り、戦闘後にはまさしく死屍累々で山と積んだ屍体を防壁代わりにするわで、もう血腥いことこの上ない。
 で、乱戦メインなんで大味かというとそうじゃない。細部に眼の届いた気の利いた演出(ヘルメット越しに刃物で刻まれる傷とか)なんかもあったりして心憎いね。

 同じダイナミズムあふれる映像表現でも、アクティヴな肉体ヴァイオレンス描写が主体だった『アポカリプト』も良かったんだが、それよりもCGI濫用した弄り具合という観点からして暮逆的には断然こちらが好みかな。
 また如何にもセット然とした書き割りテイストのステージで進行しつつ、時折挿入されるスペクタクル的なシークエンスの開放感もいいね。ペルシア軍の矢が「どんだけwwwwwww」ってぐらい大量に飛来してくるシーンなんか凄すぎてクソワロタわ。


 そういえばペルシア軍側の死刑執行人的なキャラクターがチラリとでてくるが、醜怪なルックスのうえに両腕がそのまま刃物になっていたりして、もうその役目のためにのみ生存しているという感じの嫌な存在感が暮逆的には大注目ポイントだった。
 このキャラクターをフィーチュアしたスピンオフ作品とか作られないかな。


(;^ω^)いやいやwwwwwないからwwwwwww
| - | - | -
pagetop
<< バンボロショック(;^ω^)きたこれwwwwwwwww | main | ( ^ω^)エピソード詰め込み杉ワロタwwwwwww >>

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--