あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(;^ω^)池袋パルコ前自重wwwwwwww
血みどろムーヴィ / kuresaka


『プラネット・テラー in グラインドハウス』
(Robert Rodriguez's PLANET TERROR 2007)



(ヽ´ω`)昨今は交通事故どころか、昼間に普通に繁華街を歩いてても〈一人一殺〉とばかりに特攻メンヘル女がいきなり空から降ってきて激突するという奇禍を避け得ない、物騒にすぎる御時世だが皆さま如何お過ごしですかな。
 ともあれ『デス・プルーフ』観に行ったんなら当然これもということで、本来なら5年に1回ぐらいしか劇場に足を運ばない自宅警備員自宅観賞派の暮逆が極めて短いスパンで、かの恐るべき池袋パルコ前を通過しながらノコノコ出掛けてきたのは先月のことだったがね。

 いやね、ホント暮逆は劇場とは相性良くないというか。
 別に映画が退屈だったとかいうわけじゃないのに途中で度々睡魔に忍び寄られてしまい、ヒロインがゴミ箱だかに突っ転んで右足に怪我したところは見たはずだが、なぜ右足を喪失したのか(多分Sickoに喰われたんだろうけど)実際の当該シーンがまったく記憶にないのだ。そして気づけば主役っぽいヒゲの若者がなんでか警察に捕まってた。


 (´・ω・`)  こ  れ  は  ひ  ど  い


 『スパイ・キッズ』シリーズは三部作とも遺憾なく愉しめた暮逆ですら「ちょwwwこれはねーよwwwww」と辟易した例の『シャークボーイ&マグマガール』の痛々しい件があったとはいえ、現役監督では《血みどろ番外地》的なフェイヴァリット三羽鴉であるロバート・ロドリゲス監督作品なのにである。(ちなみに後二人はギレルモ・デル・トロと三池崇史)

 というわけで正式な観賞は今回のDVDリリースを待ってたのよね。
 えー、なにやら軍部と関係あるらしき化学兵器的なガスが流出してしまい、それを吸った人間は劇中では〈Sicko=イカレポンチ〉と呼ばれるゾンビっぽい感じになって人を襲ってはハムッ ハフハフ、ハフッ! と喰ったりするわけですよ。
 元ゴーゴーダンサーのチェリー嬢はそのSickoに脚を食いちぎられて片足になっちまったところが、そこにロケットランチャーつきマシンガンを杖代わりにブッ刺して撃ちまくるってんだからB級映画好きはもうそれだけで狂喜乱舞だわね。
 で、暮逆はロドリゲスの映画を観て格好良過ぎて、よく涙がでるのね。『スパイキッズ』のバックパックジェットで飛び回るところだとかね。
 今回も脊髄がピリピリするほど格好いいスタイリッシュなカットがふんだんにあって「ちょwwwwwこれはこれでねーよwwwwwww」という嬉しい“やりすぎ”感もマキシマムで、もう、こちとら感激して頬というか涙腺が緩みっ放しだったわ。

 また濡れ場から一転してリール1巻分紛失の演出も杉崎くうるクールすぎる。そのなくなった部分に〈エル・レイ〉の説明とか入ってたんだろうなwwwwwww
 しかも今回はグロテスク方面も充実してて『フロム・ダスク・テイル・ドーン』の頃のやんちゃ感を彷彿させるし。タランティーノ(ホント出たがりだなコイツはwwwww)がゾンビ化する一連のシークエンスもやり過ぎでワロタわ。

 そういやヒロインのチェリー役ローズ・マッゴーワンといえば『スクリーム』1作目でガレージの電動シャッターに挟まれて頸椎ブチ折られて死んだ女の子やね。あまつさえ「マリリン・マンソンの元婚約者」とかいう、おもしろプロフィールで更に噴いた。
 ('A`)ドンダケー

 このDVDには冒頭に『マチェーテ』のフェイクトレイラーのみが収録されてまんた。
 映像特典でのロドリゲスの言によると、どうやら別ヴァージョンのDVDもリリースされるみたいなんで、それが本来の二本立て『グラインドハウス』形式ヴァージョンであることを願うよ。カット版の本編はともかく、ロブ・ゾンビの『ナチ親衛隊の狼女』 エドガー・ライトの『Don't/ドント』 イーライ・ロスの『感謝祭』といった他のフェイクトレイラーが観たいんだわ。


(ヽ´ω`)そういや先日、また例の池袋パルコ前を通ったんだが。駅前で信号待ちの人々がほとんど全員、対面のパルコを見上げててクソワロタわwwwwwwwww
| - | - | -
pagetop
<< 豚の角煮( ^ω^)うめぇwww | main | (;^ω^)ヒツジ男自重wwwwwww >>

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--