あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(;^ω^)ヒツジ男自重wwwwwww
血みどろムーヴィ / kuresaka


『BLACK SHEEP』(2006)


(ヽ´ω`)これは珍しいニュージーランド産のパニックホラーですな。

 遺伝子組み換えヒツジの研究をしている企業の陰謀を白日の下に晒してやんよとばかりにヒッピー崩れのエコロジスト(?)一派が廃棄された実験体を証拠として盗みだす。
 しかし誤って逃がしてしまった実験体に噛まれると普通に放牧されているヒツジも感染して凶暴化。手当たり次第に人間を襲って食い殺すのだったというお話。
 主人公は幼少時に兄貴の行き過ぎたイタズラでヒツジに対する恐怖心がトラウマになっているという設定。そして、その兄貴が遺伝子組み換えヒツジを研究させている黒幕ね。

( ^ω^)なかなか面白いですお。

 やはり従来“穏和”の代名詞的存在とも云える〈ヒツジ〉が凶暴化し、人間を襲うというところがポイントで、噛まれた人間もヒツジ化してしまう辺り、アニマルパニックというよりはコミカルなホラーテイストが濃厚。
 かなーり好意的に述べると『バッド・テイスト』『ブレインデッド』の頃のピーター・ジャクソンをパワーダウンさせ、代わりにややソフィスティケイトしたといった感じか。

 そういえば暮逆は数多ある〈UMA――未確認生物〉のうちで《ヒツジ男》というやつが随分とカリスマ性に乏しいというか、正直かなりマヌケの範疇に分類されるべきものだと常々思っていたのだが(同じくらいショボいのは《カエル男》とか《ヒバゴン》とかかな)こうして映像化されたデザインを目の当たりにするとユーモラスどころか、それなりに怖いことが理解できた。リアルのヒツジって結構グロテスクだしね。

 だいたいセンスのない輩はこういう設定だと、チープなヒツジの着ぐるみとか用いてギャグタッチに走りがちなんだが、その辺りの造形ディテールは、きっちりと作り込んでスケアリーなイメージを醸成してあって好感が持てるわね。
 ストーリー的にも主人公兄弟の確執や、ヒッピー娘とのロマンス的な展開なんかも絡めてあって如才ないし、それなりにゴア描写満載なのに後味も悪くないのだった。



( ^ω^) …………
 ( ⊃⊂ )


⊂(^ω^)⊃ セフセフ!
  ミ⊃⊂彡
| - | - | -
pagetop
<< (;^ω^)池袋パルコ前自重wwwwwwww | main | (;^ω^)ホステル2wwwホステル2wwwwww >>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--