あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(;^ω^)○○○オチ自重wwwwwwwww
血みどろムーヴィ / kuresaka
カタコンベ
『カタコンベ』
(CATACOMBS 2007)


(ヽ´ω`)ゴア度は低めながら、鬱屈とした暗闇の閉塞感がなかなかに好ましいホラースリラーですな。

 さながら廉価版のアーシア・アルジェントといった面持ちにしてメンヘラー気味のアメリカ人女性ヴィトリアは、ソルボンヌK子大学に通う院生の姉に招致されてフランスはパリへと赴く。「イェ〜イ☆花の都パリへYO・U・KO・SO!」と自身のメンタリティとは真逆なウザいビッチテンションの姉に誘われるまま、ヴィクトリアは〈カタコンベ〉にて催される違法レイヴパーティに参加。そこは18世紀末に700万体もの遺骨が適当に埋葬し直された全長500kmにも及ぶ地下墓地で、一旦迷ってしまったら脱出は容易ではない。
 あまつさえ異常者が逃げ込むための格好の根城ともなっており《暗黒の聖母》というカルト教団が〈アンチクライスト〉的ななにかとして産み育てた人間が、残虐かつ無思慮で獣じみた怪物と化して、山羊の仮面を被って潜んでいるという。
 となると、もうお約束的に本隊からはぐれて迷ってしまうヴィトリアたちなのだが、本当に山羊の仮面を被った怪物が現れて姉を殺害。ヴィトリアはただ独り、迷路のごとく入り組んだ〈カタコンベ〉の闇の中を逃げ惑うのだが西尾イケメン杉ワロタ……といった感じ。

 あからさまに『ディセント』とか『0:34 レイジ34フン』とか古くは『地獄のサブウェイ』辺りを彷彿させるシチュエーションだが、演出を含めた緊張感が映画としてその域に達してないのは御愛嬌というか。全体に「わっ! ホラびっくりしたでしょ? プギャー」とかいう〈お化け屋敷〉風のドッキリ演出が多いし、他の設定上のある理由から直接的なゴア表現はほとんどなされていないわけで。
 やがて不法集会を摘発せんべく乱入してきた警察の一群と衝突し、ヴィクトリアはパニックのうちに気絶して取り残されてしまう。同じく迷い込んだ小汚いアル中ピザ男と二人して出口を探して歩き回る羽目になるのが中盤の展開なのだが〈山羊の仮面の怪物〉もなかなか姿を現さないし、その辺りの冗長さと怠さは少々残念なレヴェルというべきか。
 で、ラスト近辺になって、ようやくまたスリリングなムードが戻ってくるのはいいとして。

(´・ω・`)ちょっとこのオチどうなんよ。
 と……噴飯もののオチに一瞬ポカーンとなるわけだが(このパターンのオチは結構久し振りかも知れんね)それを払拭する真オチの力技は、ありがちながら好印象と云えなくもなし。
 ともかく〈サイコ ハラスメント スリラー〉という公式キャッチコピーが本当に的確すぎてクソワロタwwwwwwwww


   *      *
  *  ありです   +  
     n  ∧_∧ n
 + (ヨ(* ´∀`)E)
     Y      Y   *

| - | - | -
pagetop
<< (;^ω^)お姉チャンバラ映画化かよwwwww | main | \(^o^)/ペッパーランチ始まり杉ワロタwwwww >>

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--