あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
怒濤のスプラッターヴァイオレンス@フレンチ
血みどろムーヴィ / kuresaka




 『ハイテンション』
 (HIGH TENSION 2003)



 『サランドラ』のリメイクを撮った監督が手掛けていたというので調達した、スプラッター指数の極めて高いフランス産ヴァイオレンスホラー。

 これまた事前に例の某氏に「英語音声ではなくオリジナルのフレンチ音声で観るのが良いよ。英語吹き替えはヴォイス(のタイミング)が全然合ってないんだ」とサジェストされていたので適宜オリジナルフレンチ音声のディレクターズカットヴァージョンにて観賞。フランス語なんて1ナノメートルも理解できないが、ちゃんと英語字幕はあるし、そもそも会話による説明に重点を置いた難解な内容ではないので物語を把握するのに不都合はない。

 大学の友人同士マリーとアレックスは試験勉強に専念するため(?)片田舎にあるアレックスの実家に泊まり込みで出かけた。すると深夜に薄汚いレッドネック風オヤジ殺人鬼が家宅侵入してアレックスの両親と弟を派手に惨殺。そしてアレックスだけはその場では殺さずに手足を鎖で拘束するとオンボロトラックで連れ去ってしまった。
 辛うじて難を逃れたマリーはアレックスを救出しようとトラックを追跡し、緊迫感あふれる死闘を展開する――というのが大筋。

 実は最後のオチに反則ギリギリというか、ど真ん中で「これやっちゃマズイでしょ」的などんでん返しがあるのだが不思議と怒りはない。確かにそういう結末だと、これまでのディテールの多くに様々な矛盾が生じるのだが「ここまで盛り上げて愉しませてくれたんだからオチ云々の瑣末な解釈なんて別にどうでもいいや」と意味不明に爽やかな気分なのだ。

 とはいえ印象としてはスカッと爽やかで大味アメリカーンな米国産スプラッターとは異なる、欧州独特の陰惨ムードが濃厚で、そういう意味では非常に鬱屈としている。陰影の濃い粘稠質な映像/サスペンス効果を最大に引きだすテンションの高い画面と編集/不安神経を絶妙に掻き毟る劇伴と効果音――映画演出および技術的には相当スキルの高いスタッフが揃っているのではないだろうか。

 そして《血みどろ番外地》的な最重要視点であるスプラッター要素もクオリティ高過ぎ。
 まずレッドネック殺人鬼の初登場シーン。トラック内で口舌奉仕させているらしく女性の頭部が見えるのだが、射精直後に使用済みの生首を無造作に路上に放り棄てるというイカレた鬼畜演出で初手から飛ばしまくる。
 次に深夜の襲撃シークエンスでは。
 階段の手摺り部分に頭を蹴り込んで首を挟ませ固定させたところに、勢い良くチェストを押しながら突っ込んできて頭部粉砕&水芸のように景気良く噴出する血飛沫。
 ほとんど首が分断しそうなほどに深く、咽喉を剃刀でザッパリと掻き切られる。あまつさえ救助の電話をかけようとした手首を切り落とされるのだが、その際に白いクローゼットに繰り返し繰り返し、執拗に飛び散る鮮血。
 その他にもフルスウィングで腹部にぶっ込まれる手斧/有刺鉄線を巻きつけた棍棒で顔面殴打/胴体を切り刻む電動丸鋸/足首靭帯に深々と刺さったガラス片――などなど盛り沢山の大盤振る舞いで、さながらスプラッター描写の満漢全席状態だ。
 また、そういうゴア部分だけでなく息詰まるサスペンスを醸成するのにも長けているというネ申演出力なのである。
 ιι(´ー`) モウ、クエネーヨ

 敢えて難を挙げるとすれば、2人の主要女優さんのうち、どちらかでももうちょっとなんとかならなかったものかと。いやいや演技とか、そっち方面は特に問題ないのだけれども。
 ('A`)モエネーヨ

 ともあれ。
 演出の方向を誤らなければ『悪魔のいけにえ』の系譜に連なる陰惨ヴァイオレンスホラーとして後世まで語り継がれたに違いない『サランドラ』――いやオリジナルも無論あれはあれで好きなのだが、本来もっと陰惨かつ圧倒的で鬼気迫る作品であるべきだったのだ。
 しかし、このアレクサンドル・アジャ監督ならばリメイクによって元来そうあるべきだった正当な『サランドラ』の真の姿を具現化してくれるのではないかと。
 そう願ってやまない暮逆ではある。

 期待( ゚∀゚)しる。



 『サランドラ』ドゾー( ´∀`)つ●



 北米盤もドゾー( ´∀`)つ


| - | - | -
pagetop
<< 髑髏島のクリーチャー天国 | main | 土倉で馬鞍な、そんなある日 >>

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--