あずにゃん Flash時計
血みどろツイート
PROFILE
LINKS
CATEGORIES
OTHERS
SEARCH

MOBILE
qrcode
LATEST ENTRIES
ARCHIVES
(;^ω^)そして誰もいなくなりすぎワロタwwwww
血みどろムーヴィ / kuresaka
(ヽ´ω`)なんでか、いきなりトチ狂って本格ミステリー(笑)の古典中の古典というか、もはや〈聖典〉とすら云い得るアガサ・クリスティの『そして誰もいなくなった』を読了してみまんた。
 ミステリー音痴の暮逆はなんと驚くべきことに今回が初読(!)。たまに未読なのに犯人像とかメインのギミックを認知してしまっている有名ミステリー作品なんかもあるが、僥倖にも作中の仕掛けも犯人も事前情報として知ることなく、幸福な読書を体験できたと云える。
 しかし暮逆が買ってきたエディションでは冒頭にクリスティ女史の孫に相当する人物による〈序文〉めいたものが所載されているのだが、この中で『(前略)ここに本書の道徳的なテーマ――狂信的な法の信奉者が、過去に不正を働いた者を一堂に集め、正義の裁きを下す――があります』などと、ぬけぬけと真犯人を示唆するような記述がなされており、ちょっとどうかと思わないでもなかった。

 で、どうして殊勝にもそんな古典を手に取ったかというと、映画版を観たかったのだが、そちらで内容を知ってしまうよりは先に原作に当たっておいた方が良かろうという判断から。


そして誰もいなくなった
『そして誰もいなくなった』
(AND THEN THERE WERE NONE 1945)


 あまりにも細部まで原作に忠実だったので驚いたのだが、どうやらクリスティ女史自らが脚色した戯曲を元にしたシナリオとなっているようで、なるほど納得。
 ただ原作では孤島に招かれた10人が全員死亡して真犯人の芸術的犯罪は完遂され、後日、瓶詰めで海に流されていた犯人の告白書が発見されて真相が判明するという構成になっているが、さすがに娯楽映画で「それはないわ」というわけで、最後に一人だけ残ったところで犯人が姿を現し、内幕を明かすというアレンジで、ついでに云うと如何にも古き良きハリウッド的なハッピーエンドになっている。



姿なき殺人者
『姿なき殺人者』
(TEN LITTLE INDIANS 1965)


 で、2度目の映画化版だが。
 いきなりオープニングで流れるノリノリのビッグバンドスウィングの違和感に噴くwwwww もっとサスペンス強調しろよwwwww

 こちらも件の戯曲ヴァージョンを踏襲した作りだが、よりアレンジが利いている。
 まず舞台が孤島から、交通手段がロープウェイのみの雪の山荘に変更されている他、登場人物は遊び人がヒットチャートを賑わす有名シンガーに、信心深い老女はケバいメイクのハリウッド女優へとグレードアップ。
 疑惑をかけられた使用人が突然キレてヒーロー的立ち位置の人物と激しく乱闘したりと無意味にヴァイオレントに。更に垢抜けないヒロインのあまりありがたくない、もっさりした下着ショットが複数回フィーチュアされたり、原作では完全に排除されていたロマンス要素が強調されていたりと、より〈映画〉らしいアレンジで興味深い。
 断崖からロープウェイのゴンドラや登場人物が転落するといったスペクタクルシークエンスもあってか、B/W撮影ながらもなかなか扇情的で面白かった。


 ここまでくれば1974年版と1989年の『サファリ殺人事件』も観たいところだがDVDは未ソフト化の模様。

 ちなみに両方ともリンクは国内盤DVDに張ってあるが、そんな莫迦高いアイテム買うわけないので実際には北米盤にて観賞しまんた。

     ■

( ^ω^)そして最近の暮逆はなぜかミステリーづいていて、大好きなコビット族がでてくるという筒井康隆『ロートレック荘事件』も読了してみまんた。
 作中の仕掛けは無論のこと、真相が判明した後の救いようのなさが良かったですな。
| - | - | -
pagetop
<< ( ^ω^)MOSQUITO SPIRAL格好良すぎワロタwwwその2 | main |  ( ^ω^)ガールズロック王道すぎワロタwwwwwww >>

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--